車の保険会社は手厚いと案内をしていますが乗用車の事故を起こしたときに完璧にきちっと取り組んでくれるか気に掛かります。とりわけインターネットや電話で加入するダイレクト型と呼ばれる実際の店舗を所持していたい保険会社では直接対応していないということも心配の材料となるかもしれません。とは言っても通販型と現実にある店舗を備えている車の保険会社の取扱いに驚くほど大きな差はないですし、通販型自動車保険のほうがコストが減らす事が出来る分月々の掛金が低く抑えられているので車の事故が起きなければ月々の保険掛金を安くすることが可能です。それでは車の保険会社によって対策に優劣がでるかといえばノーではありません。その隔たりは代理店型自動車保険ダイレクト系自動車保険といった事が理由ではなく、ひとつひとつの自動車保険会社で事故処置をする時間や日にちがちがうことが挙げられます。車の事故はどんな場面でするか当てることはできませんので、受付は1年中対応してくれるところは必須の条件となりそして祝日や夜遅くに起こった事故処置がちゃんとしているかを確認することが大事です。業者によっては、いつでも事故受付という条件でも事故の受付時間が平日と異なり短縮する保険会社もありますのでチェックが大事です。それとは別に、まさかの時に備えて自動車の保険の会社の事故対応拠点も確かめておきましょう。たとえ大きな会社でも事故処理拠点が遠くにしかなければ処理に時間がかかってしまうケースもあったりしますので家の近くに対応拠点が存在するかを対応のちがいを評価するものさしのひとつです。それなりの自動車保険の会社は場所ごとに処理拠点を保有している場合もございますので必要なときの対応も充実しており事故現場でするべき事故対応にも正しく助言をしてくれると評判が高いです。