予測せず突発的に出あってしまうのが車の事故です。この状況で何をどうやって処理した結果が原因となり自動車保険金の受け取りもかなり大きく変化する場合も想定されますので的確な決断と行動力が必要です。想像できない状況に遭遇して動揺してしまったら必要な場面を逃してしまい、それから自身がかなり大きな損を受ける場合も予測できるので交通事故を起こしてしまった場合は冷静に次の対応するようにするとよいでしょう。自動車事故をしてしまった場面で一番にするべきは怪我人の確認です。事故直後は虚脱状態になってしまう状況があり短期間で対応できないのが一般的です。ですので、怪我をした人がいたならば危険ではない場所に動いてできる限りの手当を行い周りの人に助けを求めるなどして負傷者優先に努める必要があります。119番に連絡する時には正確な事故があった場所を連絡し不確かな状態では目に留まった建物や番地名を連絡して場所を特定できるようにします。その次に警察に知らせて自動車事故が起こった事、現在の状況を説明します。救急車とパトカーが来るのを待っている時間に負傷者の情報を聞きます。名前、連絡先、免許車のナンバー事故相手の保険の会社名などなど相手だけでなく自分の情報を伝えます。この場面で相手方に過失があった時にはその場で結論を出そうとする状況が存在しますがその場で解決するのではなくどういう状況にかかわらず警察署や保険の会社に届け、公平に確認してもらう事が欠かせません。関係者の情報をやり取りしたら他の交通の障害になるのを避けるために妨げになる物道から除去します。もしも障害になる物が他者の障害になっている状態では、互いの情報を交換するより早くこの作業を行っても大丈夫です。その後自分が車の保険会社に連絡を入れて事故があった旨を連絡します。自動車での事故から特定の期間内に自動車の保険会社に電話を入れておかないと、車の保険の適用除外となるケースもありえますのでなるべくすぐに行うことが大事です。出来るのならば証拠になるように手持ちのカメラや携帯電話のカメラ等で事故の現場や愛車の壊れた箇所の写真を撮ります。その写真は落ち度の割合決定する時にかなり重要な証明とできるので、自身の車や先方のクルマの破損をきっちりと証拠に残しておくことが大切です。見た人がいたら警官や保険屋さんの人がやってくるまで事故現場にそのまま待って頂けるように話しておくことも大切です。